H小説

TOP > MAIN > 投稿小説 > 乳首責めに狂って

乳首責めに狂って 1話  2話  3話  4話  5話  6話    SM TAKUYA
「尚子。仕事が終わったら、これを付けてくれないか?!」  昼休み、社内恋愛をしている彼から、小さな紙袋を渡されまし た。それも、誰も周りに誰もいないことを確認して、こっそり と・・・・。 「何?・・・またいやらしい下着を探してきたの?」
評価ボタン
☆好き!! 19 ◎良い! 13 ○普通 11

コメント欄
名前
内容
画像に書かれている文字を入力してください。

1 名前::2011-10-09 19:42:32

2 名前::2012-11-10 14:01:18

3 名前::2013-12-07 03:24:40