H小説

TOP > MAIN > 投稿小説 > 乳首を苛めてっ

乳首を苛めてっ 1話  2話  3話  4話  5話  6話  7話  8話  9話  10話  11話  12話    SM TAKUYA
私は乳首の感じる女です。でも、乳首を延々と責められ、絶頂 に達する、と言う願望は叶えられずにこの歳になってしまいまし た。
評価ボタン
☆好き!! 12 ◎良い! 13 ○普通 7

コメント欄
名前
内容
画像に書かれている文字を入力してください。

1 名前:槇縛り:2011-07-09 22:24:08
私も週に一度、彼に乳房を責められていますが、次第に責めが厳しくなり。
最近は乳首に高温ロウソクを垂らされ、乳首をタコ糸で括られて牛乳瓶を吊るされます。でも慣れてしまうと快感になり。それを見抜かれると、野外で同じことをされて、一度、ホームレスが集まる河原で責められ、多くの男達に責められて感じるようになりました。
2 名前:槇縛り:2012-01-04 15:49:50
大晦日の夜に、隣接する村の山の中にある寺の境内で全裸で後ろ手に縛られて、両の乳首に500ccのペットボトルを下げられて放置されました。
すると、事前に彼が連れて来ていたのか、3人のホームレスが現れて、6本の手が私の身体を這い回り。キスをされ。両の乳房を揉まれて乳首も摘まれ。そして陰部と肛門に指を入れられ。彼に蝋燭を垂らされて、私は狂うような快感を味わいながら年を越しました。
そのあと、三人に、口、膣、肛門を同時に犯され。それを彼にビデオに録られました。
今年も、言うことを聞かないと、このビデオを皆に見せるぞ。と言われながら責められます。