H小説

評価ボタン
☆好き!! 2 ◎良い! 3 ○普通 3

TOP > MAIN > 投稿小説 > ちょっと息抜き(#^.^#) 小ネタ4 エロ本と妹 > ちょっと息抜き(#^.^#) 小ネタ4 エロ本と妹1話

ちょっと息抜き(#^.^#) 小ネタ4 エロ本と妹

うみ0930 作


1話

ちょっと息抜き(#^.^#) 小ネタ4 エロ本と妹
この小ネタはエロ無しです。

皆様お久しぶりです。
最近仕事にかまけて更新できなくてゴメンナサイ。
頑張って書くように努力します。

小ネタ4 エロ本と妹

中学生の時、俺は部屋の掃除が大の苦手でした。
とりあえず自分の机の上にオカズがそのまま置きっ放し。
それが男らしいと思っていた。

だから母親も一切俺の部屋に入ってこない。
誰も片付けないから、クシャクシャになったティッシュがゴミ箱にいっぱい山積み。
俺の部屋は無法地帯。
俺以外誰も入りたがらない自信が有った。

そんなある日に事件が起きた。
学校から帰ってきたら俺の部屋が綺麗に片付いている。
??????
山積みのティッシュが無い!
机の上のエロネタが綺麗に本棚へ整列している!
バラバラになっていたコンドーさんが綺麗に引き出しの中に。収められてい!
母か?

きっと見るに見かねて片付けてくれたのだろう。
あれ・・・?
母はパートで俺よりも後にしか帰って来ない。
誰だ?
?????・・・

疑問に思いながら、この後の予定に移る。
今日は友人と約束していた。
どんな約束か?
中学生によくあるお互いの秘蔵エロネタを持ち集めて、皆でエロ鑑賞会をしようと言う日だ。

片付けしたのが誰かどうでも良くなった俺。
早速本棚へ並んだエロ本から、無修正の3P(男×2、女×1)を選びカバンに入れ、友達の家に向かう。

3Pを選んだ理由は描写がエグイ(#^.^#)
二本同時フェラ、フェラ&挿入、まんこ二本同時挿入、サンドイッチファック、顔射&中出し(両穴)
本でも抜ける内容。
俺の秘蔵の一冊。
もちろん女優もロリっぽく可愛いかった。

友達の部屋に集まり持ち寄ったブツを集める。
DVD、本、パンツ(友人姉の)・・・
面白かった。
それぞれ思い思いに友人のネタを手に撮り鑑賞する。
ルールは簡単。
この場で抜かない(オナニーしない)。
借りる時は持ち主に一声掛ける。
返す時はキレイなままで(パリパリとかシミとNG)(笑)
オナニーした感想を伝える。
これだけ。

皆好きなものを手にする。
俺はグラビア写真集を手にした。
普段ノーカットばかり見ているから、これはこれで新鮮でGood
水着の隙間からはみでそうではみ出ないショットが萌える。
悶々と見入ってしまった。

俺の秘蔵本は丁度向いに座った友人が鑑賞していた。
描写の激しさに彼は興奮している。
その隣の友人達も「すんげぇー」と覗き混んでいる。

俺は自分の持ってきた本が人気になったことに満足した。
中学生男子としてオナネタが人気出る事は光栄だ。
嬉しくて一人悦に浸っていた。

この時、事件が起きた。

俺のエロ本から小さな紙切れがヒラリ・・舞い落ちる。
あれ?
その光景を見ながら思った。
あの紙は俺の記憶にないなぁ?

舞い落ちた紙切れを友人達が手に取り見入る。
次の瞬間大爆笑(^0^))

「わぁっはははははっはははっ・・・」

なぜ????
俺は疑問に陥った。

そして友達がその紙を俺に渡してくれた。

ショック(;゚Д゚)!

紙に書いてあった内容
「お兄ちゃんのH、バカ!!」

そうか・・・
片付けたのは6歳年下の妹だったのか。
しまった。
6歳年下当時小学4年生の妹にティッシュとかエロ本とかコンドームとかを片付けさせたのか・・・
さすがの母親も俺のエロ部屋には入りたく無い。
まだ意識していない妹に支持してあったんだな!
そして何も知らない妹も実はSEXの意味を知っていたんだな。

全ての流れがショックだ(;゚Д゚)!

部屋をもっと綺麗にしておけば良かった。
後悔。

しかし後悔後に立たず。
これからはせめてエロネタくらいは自分の責任で片付けよう。
心に強く誓った。

それからエロネタを片付けるようになって、母が部屋を掃除してくれる様になった。
妹よありがとう。
お前の指摘が無かったら、お兄ちゃんは永遠に笑いものだったかもしれない。
感謝した。

しかし、友達はこのネタを学校で言いふらしてくれた。

おかげですれ違う同級生(男女含む)が「お兄ちゃんのH」とささやいてくれる。
恥ずかしくて仕方無かった。
これも自分の責任。
でも女の子に言われるのは嬉しかった気がする(#^.^#)

終わり。

1話 
戻る

更新日:2012-02-07

評価ボタン
☆好き!! 2 ◎良い! 3 ○普通 3