H小説

評価ボタン
☆好き!! 1 ◎良い! 2 ○普通 0

TOP > MAIN > 投稿小説 > リディアVSオクトマンモス > リディアVSオクトマンモス1話

リディアVSオクトマンモス

チョコボ 作


1話

脈の雑魚モンスター相手に魔法の練習をしていた。

リディア「ブリザド!」

モンスター「ギャアァ!!」

リディア「サンダー!」

モンスター「グワァ!!」

リディアは、モンスターを倒しながら、奥に進んでいった。

すると、外に出て、目の前には滝が流れていた。

リディア「へぇ~・・・こんな場所があったんだ・・・」

リディアが周りを見渡すと、滝の下に続く穴を見つけた。

リディア「この下には何があるのかな・・・」

リディアは、穴の中に入り、奥へと進んでいった。

すると、いくつかのパイプから水が流れ出て、地面に水が溜まっている広い場所に出た。

リディア「わぁ~、綺麗な場所~」

リディアが、そこでしばらく休んでいると、何処からか謎の声がした。

???「俺の住処に無断で入ってきたのは何者だ!」

リディア「誰?」

リディアが辺りを見回すと、水面の真ん中で、何かがクネクネと動いているのを見つけた。

リディア「何だろ?あれ?」

リディアが、その動いているものの近くに寄ると、その動いていたものが急にリディアに襲い掛かった!

ビシッ!

リディア「キャッ!」

リディアの小さな体は、今の攻撃で少し飛ばされ、地面に軽く叩きつけられた。

リディア「え~ん。痛いよ~。」

リディアは、半泣きした。

???「久しぶりの獲物だな。しかも、可愛い女の子か。」

その声と共に、クネクネと動いていたものの近くから、モンスターが顔を出した。

どうやら、このモンスターの足の1つだったらしい。

リディア「グス・・・あなた、誰?」

リディアは、半泣きしながらモンスターに聞いた。

???「俺か?俺は、此処を住処にしているモンスター。オクトマンモス様だ!」

オクトマンモスは、残りの7本の足を水上に出し、再びリディアに襲い掛かった。

リディアは急いで詠唱を始め、魔法を唱えた。

リディア「サンダー!」

オクトマンモス「何!サンダーだと!」

オクトマンモスは、一瞬焦った。

しかし、何も起こらなかった。

リディア「あれ・・・サンダーが打てない・・・・まさか・・・」

そう、リディアは、ここに来るまでの魔法の練習で、全ての魔力を使い果たしてしまったのだ。

オクトマンモス「何だ。驚かせやがって・・・」

リディアは、嫌な予感がし、逃げようとした。

しかし、オクトマンモスの方が素早く、簡単に捕まってしまった。

その衝撃で、履いていた靴は脱げてしまい、裸足になった。

リディア「やぁ!放して!!」

オクトマンモス「ギヒヒ・・・近くで見ると更に可愛いな」

リディアは、オクトマンモスの足から逃れようとするが、7歳の少女の力では到底無理な事だった。

オクトマンモス「ギヒヒ・・・存分に楽しませてもらうぜ!」

オクトマンモスは、リディアの装備品を全て剥ぎ取っていった。

リディア「やぁ!やめてよ!」

リディアは叫ぶが、オクトマンモスは構わず剥ぎ取っていく。

そして、ついにリディアは、全裸にされてしまった。

オクトマンモス「ギヒヒ・・・いい格好になったじゃないか」

リディア「や・・・」

オクトマンモスは、リディアの体を、少し長めの青い舌で舐めた。

リディア「ひゃ・・・」

オクトマンモスは、リディアの可愛い乳首を撫でた。

リディア「あ・・・」

リディアは小刻みに可愛い声を出した。

オクトマンモス「ギヒヒ・・・成長はしてないようだが、触り心地は最高だぞ」

オクトマンモスは、そんな事をいいながら、リディアの体を触り続ける。

リディア「いや・・・やめて・・・触らないで・・」

リディアは少しづつ感じていた。

オクトマンモス「こっちはどうかな?」

オクトマンモスは、余ってる足の1つを、リディアの割れ目に近づけていく。

リディア「やめて・・・そこだけはやめて・・・・ひゃぁん・・・」

オクトマンモスは、リディアの割れ目を撫でた。

リディア「ひぁ・・・」

オクトマンモスは、リディアの割れ目を撫で続ける。

リディア「あ・・・あぁ・・・もぅ・・だめ・・・・」

リディアの割れ目から、黄色い液が流れ始めた。

リディアは、我慢できなくなり、漏らしてしまったのだ。

それを見たオクトマンモスは言った。

オクトマンモス「・・・よくも、俺の住処の水を汚してくれたな・・・お前にはお仕置きが必要なようだな!」

オクトマンモスは、リディアの割れ目の中に、足を入れ始めた。

リディア「痛い!やめて!入れないで!!」

リディアは叫ぶが、オクトマンモスは構わず奥へと入れ込む。

リディア「痛いー!!やめてー!!」

リディアは泣き叫ぶ。

オクトマンモスは、奥まで入ったことを確認すると、足を前後におもいっきり動かした。

リディア「いやぁー!痛い!!・・・はぁ・・・はぁ・・・」

オクトマンモス「とどめだ!」

オクトマンモスは、思いっきり、奥に突っ込んだ。

リディア「うぎゃ・・・」

オクトマンモスは、リディアの広がった割れ目の中から、足を抜き取った。

抜き取った後の割れ目の中からは、白い精液が血と一緒に流れ出ていた。

リディア「はぁ・・・・はぁ・・・・」

オクトマンモス「さて、もう1度、その可愛い体で遊ばせてもらうぜ。」

オクトマンモスは再び、リディアの体を舐めたり、乳首を撫で回したりした。

リディア「はぅん・・・・ひゃぁん・・・」

リディアは、疲れのせいで魔力を回復できず、その後も毎日毎日犯され続けた。


終わり

1話 
戻る

更新日:2010-11-21

評価ボタン
☆好き!! 1 ◎良い! 2 ○普通 0