H小説

評価ボタン
☆好き!! 12 ◎良い! 13 ○普通 7

TOP > MAIN > 投稿小説 > 乳首を苛めてっ > 乳首を苛めてっ12話

乳首を苛めてっ

TAKUYA 作


12話

「まだ、大人しく寝ていればいい・・・」
 どこからか声がして、その声の主の手だろうか、私の髪の毛を
柔らかく撫でる。
「ああああぁぁっ・・・!」
 髪を撫でられただけだと言うのに、内腿をいやらしく撫でられ
たような快感が走る。全身が、異常なほどに敏感になっているの
でしょう。
「瞳が失神しなければ、続けてクリトリスを責めて上げても良か
ったんだが・・・。まさか、乳首だけで失神までするとは思わな
かったよ。・・・これで、瞳の願いが叶った訳だ。・・・でも、
実感は無かったんだろうね。辛いばかりで・・・・。」
 地獄だったのか・・・、それとも快感だったのか・・・。それ
は、記憶が定かではないので、何とも言えません。でも・・・、
これまでに味わったことのない興奮の世界を体験できたのだとは
思いました。
「もう、二度と体験したくないのなら・・・」
「御願い・・・。私に・・・、もっと知らない世界を教え
て・・・。どんなに辛くても・・・、本当に気が狂ってしまうよ
うな快感の世界へ、連れてって・・・・。」
 私がそう言うと、彼は微笑み、優しくキスをしてくれました。
(END)

1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 
戻る

更新日:2009-12-26

評価ボタン
☆好き!! 12 ◎良い! 13 ○普通 7