更新連絡掲示板

http://www.h-novel.com/

名前
Eメール
タイトル
メッセージ
URL
画像に書かれている文字を入力してください。
官能小説 『悪夢のフライト』  投稿者: 愛と官能の美学 投稿日:2017-09-22 21:22:00 No.28258  
いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyです。

官能小説 『悪夢のフライト』 
(フェチ・羞恥)第5話 「敗北」 時遊人 優 作

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。

http://shy8.x.fc2.com/
更新しました 投稿者: 官能文書わーるど 投稿日:2017-09-22 19:57:16 No.28257  
投稿小説
『セックス賃貸一戸建て』(完結)作者.もそえさん。
『惠 一期一会』20.「衣装ぼくろ」作者.Shyrockさん。

http://kannou.world.coocan.jp/
日々の妄想を形にして(SM小説) 投稿者: masterblue 投稿日:2017-09-22 17:04:06 No.28256  
いつもお世話になっております。

本格長編SM小説「新・縄を求めた女」に
第25回(グリセリン浣腸と鼻フック:3)をアップしました。

大量のグリセリン浣腸液は、ユミの大腸を刺激し
間欠的な刺すような痛みに加えて、
強烈な便意で、彼女を苦しめます。
出口はアナルプラグで塞がれて、どうしようもありません。

散々苦しめらた後、やっとプラグが抜かれました。
しかし、それはユミの極限に近い羞恥の始まり、
アナルからは、グリセリンで高められた大腸の顫動で
勢いよく色付いた液が、卑猥な音とともに吹き出して、
音を立てて、コンクリートの床を打ちます。

鼻フックで歪められた顔と、アナルからの卑猥な放出を
ユミは鏡の中で見せられ続けました。

ご訪問をお待ちしています。

http://pettrainer.blog34.fc2.com/
「引き裂かれた白衣」更新です 投稿者: 赤星直也のエロ小説 投稿日:2017-09-22 12:13:48 No.28255  
お世話になってます、赤星直也です。
今回は「引き裂かれた白衣」第21話をアップしました。

「克子、一緒に入ってやれ。いいか、これは治療だからな。勘違いするな」
「治療ですか…」自分に言い聞かせて、白衣を脱ぎだす。
それを見た母親は「後はお願いします」そう言って立ち去る。
(〇〇をするんだわ、治療という名目で…)強ばった顔をして、ブラジャーを脱いだ。
乳房が揺れ動き、青年はその乳房をジッとみている。
(オチンチンが膨らんでいる。あっちのほうは正常なんだ…)肉竿を見つめ、パンティを脱いだ。

お時間に余裕がありましたら、お出で下さい。


http://akahosi2.blog84.fc2.com/
SM小説『全ての者に愛の手を』 投稿者: 愛と官能の美学 投稿日:2017-09-22 12:12:26 No.28254  
いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyです。

SM小説『全ての者に愛の手を』
第11章「光ある世界へ」(7) ふるふる作

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。



http://shy8.x.fc2.com/
長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2352★ 投稿者: Mikiko's Room 投稿日:2017-09-22 07:51:23 No.28253  
------------------------------------------------------
「どうして、そんなとこ隠すのよ?」
「だって、太いもん。
 この格好だと、段が出来てて」

 性器より、腹部の脂肪が恥ずかしい……。
 微妙な乙女心だ。

「大丈夫だから。
 見せて。
 わたし、ぽっちゃりした子、大好き」
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room



http://mikikosroom.com/
☆更新しました☆ 投稿者: ひとみの内緒話 投稿日:2017-09-21 21:10:31 No.28252  
-----
容赦ない性奴隷調教「狙われた美姉妹 IX」第1章 第1節をアップしました。
-----
 月曜日の夜、肉体改造の恐怖に怯えながら床に付いた恵利香は、麻酔が切れ始めムズムズとざわめき始めた胸と股間の感覚に悩まされながら、身も心もクタクタに疲弊していたため、意外にもすぐ熟睡に入っていた。

 が、夜半にふと目が覚めた恵利香は、ハッとした。
 乳首とクリトリスがジーンと疼き、あろう事かその2点に自分の手指が触れていたのだ。

 ーーだ、ダメよ、ココで負けちゃ……

 ピーリングという恐ろしい性感増進処理を施された体の疼きだろう。
 が、説明によればまだ麻酔は20~30%しか切れていないはずだ。

 こんな時点で体の欲望に負けてしまっては敗北は決定的だ。
 又、あの恐怖の「パラダイス」に頭を下げに行く事になる……

 そんなのは絶対に耐えられない!
 恵利香は、嫌らしい箇所から、きっぱりと手指を外した。

 ところが、ジーンと熱くわだかまる体の疼きは一向に治まらないどころか、刻一刻と耐え難く恵利香の官能を炙って、まるで眠れないのだ。

 ーーああ……明日は学校で陽子さんと対決しなきゃいけないのに……

 恵利香は、陽子と話し合う事を決意していた。
 もしも肉体改造の効果が本当だったら、彼女に頼んで薬と手術だけは行ってもらうのだ。
 もちろんただで許されるとは思っていない。

 レズ友になる事を約束した、唯一心を許せる陽子の性奴隷になってもいい。
 が、「パラダイス」に戻される事だけはお断りだ。
 それなら可能ではないか。

 恵利香はもちろん、彼らが姉にまで魔の手を伸ばそうとしている事に気付いていない。 

 明日に備えて眠るためだ。
 そう言い訳をした恵利香は、とうとう乳首とクリに手指を這わせ、早くも数割増しくらいの素晴らしい快感に、ああ、ああ~、とすすり泣きが堪え切れない。

 ーーこんなに気持ちいいなんて……いや、いや、すぐいっちゃう……

 素晴らしいアクメが訪れると束の間睡眠を取る事が出来たが、1時間もたたず次のムズムズに起こされてしまった恵利香は、もう欲望のままに指を使うよりなかった。

 こうして恵利香は夢うつつに指を使いながら朝を迎える事になったのだった。
-----

http://marsearthrise.com/
『ありさUSJに行こう♪』 第5話を公開しました 投稿者: 羞恥の風 投稿日:2017-09-21 20:00:57 No.28251  
いつも『羞恥の風』をご愛読ありがとうございます。
尚、管理人様には貴重なスペースを提供していただき、この場を借りてお礼申し上げます。
『ありさUSJに行こう♪』 第5話 (愛と官能の美学 Shyrock様作)を公開しました。

本文抜粋……
窮屈な膣に硬直したモノが半分ほど収まっている。
ありさはさらに腰を深く沈め、より深く肉棒を咥え込もうとした。
僕は潤んでいる泉の中に、もっともっと深く沈めたい感情に襲われた。
膣内に入れば入るほどグイグイと締まっていき、亀頭が吸いつかれているような感覚に陥った。
欲情が一気に高まり、僕はありさを強く突き上げた。

http://shuuchinokaze.red/
官能小説『復讐の病院』 投稿者: 愛と官能の美学 投稿日:2017-09-21 16:59:36 No.28250  
いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyです。

官能小説『復讐の病院』
(サスペンス・凌辱系作品)第15話 解放 
赤星直也作

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。

http://shy8.x.fc2.com/
☆更新しました☆ 投稿者: ひとみの内緒話 投稿日:2017-09-21 14:05:36 No.28249  
-----
抜群なプロポーションの美少女がHなレオタードを着せられて「球 モデル選考会」第9節をアップしました。
-----
 見知らぬ男達の前で、足を大きく開き、女の最も恥ずかしい箇所に触れる。
 AV女優やストリップショーの女優ならともかく、ふつうの女性にとってはそれは清水の舞台から飛び降りるほどに勇気がいることである。

 指はそっとクリトリスに触れられた。だが指はまだ動かない。
 催促の声が飛んだ。

「そこを撫でて」

 球はとても正視できなくて、顔を横に逸らして指を動かした。

(ビクッ! あっ・・・)

 電流のようなものが身体を駆け抜けた。やはり耳とは違う。
 人が見ている見ていない関らず、軽く触れるだけで感じてしまう。
 すごく敏感な箇所なのだから。

 できるだけ気を逸らそうと努めたが、触れると感じてしまう超敏感な箇所だ。
 感じないようにすることが難しいほどだ。

 審査委員は躊躇する暇(いとま)など与えてくれない。

「指が止まってますよ。ちゃんと動かして」
「はい・・・」

(彼らは私にオナニーを強要しているんだ。こんなこと審査とは関係ないはずなのに・・・。いやらしいわ。でもでも、仕方ないか・・・)

 球は観念したのか、指をゆっくりと旋回させ始めた。
 彼氏がいる今でも、たまに1人でしたくなることがある。
 それは寝床であったり、風呂場であったり。

 そんな恥ずかしい女のプライバシーを人前で今再現しようとしているのだ。
 球は恥辱に顔を曇らせながらも、指先をうごめかせた。

(あ・・・・・・あぁ・・・・・・あぁぁぁ・・・・・・)

 次第に身体が熱くなっていく。
 審査委員達からは咳払いすら聞こえていない。
 息を潜めて、艶めかしい女の生態をじっと見守っている。
-----

http://marsearthrise.com/
「悪夢の標的」完結です 投稿者: 未知の星 投稿日:2017-09-21 12:22:30 No.28248  
お世話になってます「未知の星」の赤星です。
今回はShy様作「悪夢の標的」最終話をアップしました。

阿久夢はイヴの唇から怒張したものを抜き取りベッドに這い上がった。
 そしてスキンを装着する。膣内に山芋を塗りこめたため、自身にも付着する惧れがありあくまで自衛のためだ。
 イヴの両足は大きく開かれたうえ固定されているから挿入は至って簡単だ。
 例え抵抗に遭っても怒張したものから逃れることはできないだろう。
 阿久夢はイヴの腰の両側をつかみ、いちぶつを秘所にあてがった。

お時間に、余裕がありましたら、お出で下さい。


http://akahoshi.a.la9.jp/
官能小説ブログ・ふたなりレズビアンナイト更新 投稿者: 琵琶サポタ 投稿日:2017-09-21 01:59:32 No.28247  
いつもお世話になっております、
官能小説ブログ・ふたなりレズビアンナイトです。
『高層ホテルの窓辺で挿入』
9月21日(木)更新しました。

火曜日、木曜日、土曜日、週三回の更新ですので、興味のある方はぜひ。
レズビアン描写メインの、ふたなり小説です。
ねちっこい感じですが、暗かったりするお話ではないので、お気軽にどうぞ。
(念のため、18歳未満閲覧禁止ですー)

http://futabian.blog.fc2.com/
実話エッセイ『ラブホ 壁の向こうのすごい声』 投稿者: 愛と官能の美学 投稿日:2017-09-20 22:02:26 No.28246  
いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyrockです。

実話エッセイ『ラブホ 壁の向こうのすごい声』
Shyrock作

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。

http://shy8.x.fc2.com/
『新型ウィルス』 第1話を公開しました 投稿者: 羞恥の風 投稿日:2017-09-20 20:25:08 No.28245  
いつも『羞恥の風』をご愛読ありがとうございます。
尚、管理人様には貴重なスペースを提供していただき、この場を借りてお礼申し上げます。
『新型ウィルス』 第1話(未知の星 赤星直也様作)を公開しました。

本文抜粋……
「そのようね、私のヌードも想像してないみたいだし。これからもその意気込みでやってね」何も知らない美沙は部屋から出た。
「ヌードは想像してないよ。オ○ンコしているのを想像しているだけさ」呟くように言いながら、また美沙の写真を取りだし、チャックを引き下げ肉竿を擦っていく。
「所長、必ず俺がオ○ンコを頂きますからね」気が狂ったように淫裂に肉竿をピストンするシー ンを想像して手を動かし続けた。

http://shuuchinokaze.red/
☆更新しました☆ 投稿者: ひとみの内緒話 投稿日:2017-09-20 20:22:52 No.28244  
-----
長編ハードSM小説「落涙の白百合」第14章第1節をアップしました。
-----
 教室に戻る酒田からバトンタッチした新海は、虜囚2人を引き連れ、先ず引き回しの手始めとなる、3年生の教室に入った。

 すかさず日直当番の号令がかかる。「起立」「礼」「着席」の声。
 大半を女子で構成された、クラスの生徒達が、ガタガタと席につく。

「さて..3年A組の諸君、今日は諸君に、誠に辛く、嘆かわしい報告をしなければならなくなった。」

 教壇に立った新海が喋り始めた。
 3年A組..杏子が担任をし、その生徒である石黒あゆみが属するクラスである。

 だからこそ新海は、この羞辱行の第一歩としてこのクラスを選んだ。
 もちろん、圧倒的に女子が多い。

 ..ああ..見ないで..お願い..
 ..いや..そんな目で見つめないで..お願いだから..

 つい1週間前までは『教え子』『クラスメート』だった同性の前に、下半身丸出しの恥ずかしい姿で引き出される屈辱。
 杏子とあゆみの2人は、あまりの羞恥に身悶えしていた。

 特反でも下半身裸であった事には変わりない。
 しかし、あの時は相手も又、『裸』だったし、セックスをしたいと言う獣欲に目をぎらつかせていた。

 つまり、空間の全てが『非日常』の世界であり、現実とも妄想ともつかぬ世界の中にあった。
 だが、ここは違う。教室では杏子とあゆみ以外全員が制服を着たままなのだ。

 つい数日前迄、あゆみもその生徒の一員としてクラスメイトと共に学び、笑い、共に泣いた..その空間なのである。

 勿論、杏子にしてもそうだ。
 間違い無く1週間前の杏子は、『この教壇』に立ち、凛とした表情と毅然とした態度で、教鞭を取っていた。

 過ちは正し、良き事は導いた。
 共に笑い、泣き..生徒達と共に青春を共有していた。

 だが、今は違う。他の何も変わらないのに、『2人だけ』が..、違っていた。
 そこには日常の風景の中に、『非日常』が乱入していると言う違和感があった。
-----

http://marsearthrise.com/
日々の妄想を形にして(SM小説) 投稿者: masterblue 投稿日:2017-09-20 18:45:44 No.28243  
いつもお世話になっております。

本格長編SM小説「新・縄を求めた女」に
第24回(グリセリン浣腸と鼻フック:2)をアップしました。

後手で括られた手首だけを引き上げられて、
ユミは躰を前に曲げ、臀部を突き出さざるを得ませんでした。
余りに恥ずかしい姿勢に俯いてしまった彼女に
永田は鼻フックを付けて、仰向かせてしまいました。

その上鏡を持ってきて、その姿をユミに無理やり見せます。
そして、500mlの大量の浣腸液を、彼女の躯の中に送り込んでしまいました。
さらにアナルプラグをし、プラグが抜けないように
ベルトで押さえてしまいました。

ご訪問をお待ちしています。

http://pettrainer.blog34.fc2.com/
官能小説『女だらけの学園』 投稿者: 愛と官能の美学 投稿日:2017-09-20 18:45:33 No.28242  
いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyです。

官能小説『女だらけの学園』
(ハーレムラヴ)第1話 女教師のヌード 
赤星直也作

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。

http://shy8.x.fc2.com/
☆更新しました☆ 投稿者: ひとみの内緒話 投稿日:2017-09-20 13:25:33 No.28241  
-----
それはペットではない!漆黒の首輪を嵌められた少女「闇色のセレナーデ」最終章第2節をアップしました。
-----
 駅前の繁華街を通り抜け、子供たちの歓声で沸く市民公園の前に差し掛かっていた。
 卓造にも千佳にも、辛い記憶でしかない処なのに、なぜだか切ないモノを感じた。

「ところで、さっきの仕事の件だけどね。卓造にぴったりの役職は何かなって、考えてたわけ」

「ふ~ん……それで、窓際族候補&ヨレヨレ営業マン向きの職場は見付かった?」

『おじさん』から『卓造』に呼び名が変化しても、卓造は気にも留めない。
 当然と言った顔付きで、千佳に続きを促した。

「こんなのは、どうかな? 『小嶋技研副社長付き、見習い秘書』ってところで」

「はぁ、なんだいそれ? この俺が秘書だって? 無理だよ、そんなの出来っこないだろ。きっと新しく就任した副社長にどやされて、早々にお役ご免にされちまうよ」

「そうかな? わたしとお父さんでビシビシスパルタ教育するから、きっと凄腕の秘書さんになるのは保証済みなんだけど」

「ビシビシのスパルタねぇ……でもなぁ、現役女子高生の商品保証だけじゃなぁ」

 卓造がお手上げを示すように、間の抜けた声をあげた。
 千佳が聞き耳を立てるように首を傾げた。
 そして、「えっへん」と咳払いをしてみせる。

「もしも~し、佐伯卓造君。その美少女現役女子高生は、あなたの知らない顔を持ってたりするのです」

「へぇ、千佳のことなら、お尻の穴のシワの数までチェック済みだと思ってたけど。他になんかあったかな?」

「も、もう! こんな処でなんてこと言うのよ。ほら、小さいお子様がこっちを見てるでしょ。それよりも、う~ん、焦れったいんだから。わたしはね、小嶋技研創業者の1人娘なのよ。あの人がいなくなって、只今たった1人の後継者なの!」

 千佳の声音は、大きくなったり、小さくなったり。
 終始不安定のまま、早口で一気に捲し立てられる。

「へっ? ということは……?」

 万年真っ平らな三流営業マンでも、ビビッとくるモノがあったようだ。

「もしかしてだよ。そのぉ、もしかしてだけど、副社長って……?」

 千佳が自分を指差して、にこっと笑った。白い前歯がキラリと輝く。
-----

http://marsearthrise.com/
「引き裂かれた白衣」更新です 投稿者: 赤星直也のエロ小説 投稿日:2017-09-20 12:14:24 No.28240  
お世話になってます、赤星直也です。
今回は「引き裂かれた白衣」第21話をアップしました。

「ヌードですか…」
「そうです、あなたのヌードでお貸しします」克子は暫く考えたが、取り立てから逃れたい一心で承
知してしまい、全裸を撮られた。
(うまくいったぞ。こんなにうまく行くとは思わなかった)終始笑顔の中村だ。
中村は克子の全裸を撮ると強気に出ている。
「イヤ、お願い許して下さい!」
「ダメだ。俺とのオ○ンコビデオを撮るんだ」泣きながら拒む克子をあのスタジオに連れ込み、レイプ同然に本番ビデオを撮った。
それが済むと絨毛を綺麗に取り払い、奈美や久恵達と同じく無毛の淫裂にした。

お時間に、余裕がありましたら、お出で下さい。


http://akahosi2.blog84.fc2.com/
長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2351★ 投稿者: Mikiko's Room 投稿日:2017-09-20 07:30:29 No.28239  
------------------------------------------------------
「けっこうスゴい乳首ね」
「ずっといじってたせいでしょうか?
 小学生のころからだから」
「そんな早くからオナニーしてたの?」
「最初は、そんなつもりはなかったんです。
 知識も無いから」
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room



http://mikikosroom.com/