H小説

TOP > MAIN > Archive

我慢できなくなったのか、彼女が自分からペ○スに騎乗位でまたがってきた

彼女は、私の勤務する会社にパート社員として入社してきた、35歳の人妻だった。私自身結婚していることもあり、はじめは特に意識することもなく日々の仕事に追われていたが、測り難きは男女の仲、いつの間にか周りに内緒でお茶を飲むようになり、キスをし抱き合いセックスするようになった。彼女は、私に妻子があることがとても辛いようで、時々涙をこぼしては「あなたに奥さんがいなければいいのに」と震えながら泣いた。妻には残
by 人妻・熟女の気持ちいい体験談


萌駅 読み物探し処 アダルトエンジェル 官能小説.com
かうんとだうん☆あだると アダルトサーチエンジン「X」エックス エログちゃんねる 日本エログデータベース
アダルト専門 リンクアダルトサーチ エロ検さ~ち 官能小説の館 えろまとめ-サーチ
画像掲示板PINKのとら  アダルトサイト@相互リンク募集-自動登録型SEO  アダルト専用相互リンク集
 えろねっとわーく 男を思い通りに操る術、教えます。