H小説

TOP > MAIN > Archive

34.空き教室

 それから放課後まで、樫田と知奈の間に会話はなかった。 元より二人の関係に於ける主導権は知奈が握っている。その彼女があからさまに不機嫌な態度を取り、黙っていたのだから然るべき結果だ。 放課後を迎えても尚、そうした状態が続いていた。 人の姿が減りつつある教室で、知奈は黙ったまま机に掛けている。 窓から差し込む光りは赤味を帯びつつある。 声を掛ける度胸のない樫田は、勝手に寮へと戻る訳にもいかず、ただ呆
by ぷるんぷるるん


萌駅 読み物探し処 アダルトエンジェル 官能小説.com
かうんとだうん☆あだると アダルトサーチエンジン「X」エックス エログちゃんねる 日本エログデータベース
アダルト専門 リンクアダルトサーチ エロ検さ~ち 官能小説の館 えろまとめ-サーチ
画像掲示板PINKのとら  アダルトサイト@相互リンク募集-自動登録型SEO  アダルト専用相互リンク集
 えろねっとわーく 男を思い通りに操る術、教えます。