H小説

TOP > MAIN > Archive

バスタオル一枚で異世界転移 第二章 4

 なにやら身体の芯まで震えるような衝撃が走って、目が覚めました。 瞼を開けると、逆さまになった景色が目に映りました。 首が痛いです。私はいま、景色が逆さまに見えるほど、仰け反った状態にあるようです。「……な、なんですかこれーっ!?」 慌てて状況を把握しようとして、身体にほとんど自由が利かないことに気づきました。 両手両足が動きません。なにか硬い物が身体の周囲にあるような。 そう思ってなんとか首を起こ
by 黎明媚態


萌駅 読み物探し処 アダルトエンジェル 官能小説.com
かうんとだうん☆あだると アダルトサーチエンジン「X」エックス エログちゃんねる 日本エログデータベース
アダルト専門 リンクアダルトサーチ エロ検さ~ち 官能小説の館 えろまとめ-サーチ
画像掲示板PINKのとら  アダルトサイト@相互リンク募集-自動登録型SEO  アダルト専用相互リンク集
 えろねっとわーく 男を思い通りに操る術、教えます。