H小説

TOP > MAIN > Archive

「辱めの女子大生」第7話 練習

第7話 練習 由紀は和美に言われるまま、男達の体を乳房で洗い終えた。「腹減ったな、食おうぜ。ペコペコなんだ」男達が先に浴槽から出ていくと「恵子、しっかり見たでしょう?」「見たわよ。あんなにオチンチンが膨らむなんて知らなかった…」興奮が収まってない。 「私も初めて見たわ。あんなに膨らむなら、セックスした時、痛いだろうな…」「わからないわよ、やってみないと」和美達は、由紀を後目に話しているが(もう、誰も
by 赤星直也のエロ小説


萌駅 読み物探し処 アダルトエンジェル 官能小説.com
かうんとだうん☆あだると アダルトサーチエンジン「X」エックス エログちゃんねる 日本エログデータベース
アダルト専門 リンクアダルトサーチ エロ検さ~ち 官能小説の館 えろまとめ-サーチ
画像掲示板PINKのとら  アダルトサイト@相互リンク募集-自動登録型SEO  アダルト専用相互リンク集
 えろねっとわーく 男を思い通りに操る術、教えます。