H小説

TOP > MAIN > Archive

私はスカート思いっきり引き上げ、パンティの中に手を入れた

純子は人妻で28歳。夫はサラリーマンで帰宅がいつも遅い。先日、用があって夕刻に訪ねた。玄関から呼んでみたが返事がないので裏の方に回ってみた。梅雨時のせいもあり、洗濯物が所狭しと干してあった。よくみると、純子のパンティが何枚も干してある。色とりどりでナイロンのスケスケのものまである。
by 人妻・熟女の気持ちいい体験談


萌駅 読み物探し処 アダルトエンジェル 官能小説.com
かうんとだうん☆あだると アダルトサーチエンジン「X」エックス エログちゃんねる 日本エログデータベース
アダルト専門 リンクアダルトサーチ エロ検さ~ち 官能小説の館 えろまとめ-サーチ
画像掲示板PINKのとら  アダルトサイト@相互リンク募集-自動登録型SEO  アダルト専用相互リンク集
 えろねっとわーく 男を思い通りに操る術、教えます。