H小説

TOP > MAIN > Archive

「夏の嵐の後で」第4話 覗き見

第4話 覗き見  中尾は洋子の横に腰を降ろし、オイルを手で伸ばし肌に塗っていく。「奥様の肌は綺麗です」乳房には丁寧に塗っていく。勿論、下腹部、太股も丁寧に塗っていて、それを奈々が見ていた。 「お嬢様も、お塗りになったら?」「そうね、私も塗って貰うわ」奈々もプールから上がって、体を拭くとサマーベッドに寝た。 「失礼します」俯せになった奈々の背中にオイルを塗っていく。「お嬢様。誰もいませんから、奥様の
by 赤星直也のエロ小説


萌駅 読み物探し処 アダルトエンジェル 官能小説.com
かうんとだうん☆あだると アダルトサーチエンジン「X」エックス エログちゃんねる 日本エログデータベース
アダルト専門 リンクアダルトサーチ エロ検さ~ち 官能小説の館 えろまとめ-サーチ
画像掲示板PINKのとら  アダルトサイト@相互リンク募集-自動登録型SEO  アダルト専用相互リンク集
 えろねっとわーく 男を思い通りに操る術、教えます。