H小説

TOP > MAIN > Archive

「地獄の孤島」第20話 世話係

第20話 世話係 2人は夕方まで日光浴をし、建物の中に入ると「待っていたぞ、酒でも飲もう」裕二の案内で歩いていく。「これは残さないとな」ロープが張ってある広間に案内された。3人は用意されたテーブルに座り、酒を飲み出すと全裸で両手を縛られた女性達が現れた。 「まだ、やっているんだ!」「ルールが変わったけどな」話していると2人が解かれ、リングで戦いだしたが、前とは違って、素手ではなく樹脂棒を持っていた
by 赤星直也のエロ小説


萌駅 読み物探し処 アダルトエンジェル 官能小説.com
かうんとだうん☆あだると アダルトサーチエンジン「X」エックス エログちゃんねる 日本エログデータベース
アダルト専門 リンクアダルトサーチ エロ検さ~ち 官能小説の館 えろまとめ-サーチ
画像掲示板PINKのとら  アダルトサイト@相互リンク募集-自動登録型SEO  アダルト専用相互リンク集
 えろねっとわーく 男を思い通りに操る術、教えます。