H小説

TOP > MAIN > Archive

「全裸の銀盤女王」第4話 スケートリンク

 それから、数週間が過ぎた。すでに、由美は高橋と一緒に暮らしている。「ご主人様、お食事が出来ました」迎えに来た由美は、生まれたままの姿だ。乳房を揺らせ、無毛の淫裂を露わにしている。「由美、食ったら出かけるから、服を着てもいいぞ」「わかりました、ご主人様」もう、従順な奴隷になっている。 そして、食事を済ませた2人は町中へと向かった。「いいか、外では高橋だぞ」「はい、ご主人様」「違うぞ、高橋だ!」「申
by 赤星直也のエロ小説


萌駅 読み物探し処 アダルトエンジェル 官能小説.com
かうんとだうん☆あだると アダルトサーチエンジン「X」エックス エログちゃんねる 日本エログデータベース
アダルト専門 リンクアダルトサーチ エロ検さ~ち 官能小説の館 えろまとめ-サーチ
画像掲示板PINKのとら  アダルトサイト@相互リンク募集-自動登録型SEO  アダルト専用相互リンク集
 えろねっとわーく 男を思い通りに操る術、教えます。