H小説

TOP > MAIN > Archive

体力測定はアナルプラグと共に#4

「や!やめて・・・」 身をよじって抵抗するが10本の手から逃れるすべはなかった。彼女らの手は次々と全身の性感帯に刺激を加えていく。快感の波が渦巻くと、自分の意志とは関係なく、ピクンピクンと体が跳ねるように筋肉が収縮し始める。「あっ・・・あん・・・」 めくるめく快感の中でたまらず声を漏らした。すると皆の手が一斉に止まった。「なんだよ、さっき気持ちよくないって言ったのに、もうあんあん言ってるぜ」「もう少
by インプレグネイトサバイバー


萌駅 読み物探し処 アダルトエンジェル 官能小説.com
かうんとだうん☆あだると アダルトサーチエンジン「X」エックス エログちゃんねる 日本エログデータベース
アダルト専門 リンクアダルトサーチ エロ検さ~ち 官能小説の館 えろまとめ-サーチ
画像掲示板PINKのとら  アダルトサイト@相互リンク募集-自動登録型SEO  アダルト専用相互リンク集
 えろねっとわーく 男を思い通りに操る術、教えます。