H小説

TOP > MAIN > Archive

叔母と少年(9)

「あっ 叔母さん 起きてるんだ」「ねぇ もう脱いでいいでしょお〇っこ行きたいんだけど」さっき行ったけどね「ハハハッ」「笑ってないで いいのか悪いのか言ってよ」「いいに決まってるじゃん」「脱がしてくれないの?」「どうして俺がそんなことしないといけないんだよ」人によってはご褒美だから聞いたのよ私はユウマに見せつけるようにして脱いでいった「全部洗濯しないと ハハハッ」「しないわよ 全部は」「ユウトにはか
by エロティック小説ABC


萌駅 読み物探し処 アダルトエンジェル 官能小説.com
かうんとだうん☆あだると アダルトサーチエンジン「X」エックス エログちゃんねる 日本エログデータベース
アダルト専門 リンクアダルトサーチ エロ検さ~ち 官能小説の館 えろまとめ-サーチ
画像掲示板PINKのとら  アダルトサイト@相互リンク募集-自動登録型SEO  アダルト専用相互リンク集
 えろねっとわーく 男を思い通りに操る術、教えます。