H小説

TOP > MAIN > Archive

ユニットバスの奇跡(43)

「どう?」「全然変わってないかな」この状況がより興奮させて後ろを振り返ったみさのくちびるをすぐ舐めました キスという軽いものではなくしゃぶりつきました「ちょ ちょっとお兄ちゃん」「かわいいな みさ」脱がしたい衝動に駆られましたがなんとか理性が残っていてただすぐにでも出したくなり「ちょっとトイレ」「えー 私も」「お母さんの電話終わったら怪しまれるから ちょっと待ってて」居間にみさを残しトイレに向かい
by ロリータ小説-ABC-


萌駅 読み物探し処 アダルトエンジェル 官能小説.com
かうんとだうん☆あだると アダルトサーチエンジン「X」エックス エログちゃんねる 日本エログデータベース
アダルト専門 リンクアダルトサーチ エロ検さ~ち 官能小説の館 えろまとめ-サーチ
画像掲示板PINKのとら  アダルトサイト@相互リンク募集-自動登録型SEO  アダルト専用相互リンク集
 えろねっとわーく 男を思い通りに操る術、教えます。